グループ体験を語り合う集い

日時:2014年10月11日(土)17:00〜18:30

場所:南山大学R棟5階 R59教室


企画者野島一彦(跡見学園女子大学)

司会髙橋紀子(福島県立医科大学)、岡村達也(文教大学)

話題提供者下田節夫(神奈川大学)、藤 信子(立命館大学)、津村俊充(南山大学)

指定討論者坂中正義(南山大学)、金子周平(鳥取大学) 

Ⅰ 企画趣旨

 わが国の心理臨床の領域では、さまざまなグループ臨床の実践・研究が行われている。本シンポジウムでは、同じオリエンテーションだけでなく、異なるオリエンテーションのグループ臨床体験を語り合うことを通し、相互に刺激し合う「異文化交流を行いたい」


Ⅱ 話題提供

1. ベイシック・エンカウンター・グループ(BEG)について 下田節夫

2. 集団精神療法の立場から 藤信子

3. Tグループの誕生とその後の流れから考えたこと 津村俊充


Ⅲ 指定討論

1. パーソンセンタード・アプローチの視点から 坂中正義

2. グループ実践の共通性と独自性 金子周平


学会期間中、グループ研究会のブースを設置致します。

学会期間中は書籍販売コーナーにグループ研究会のブースを設置いたします。

ブースでは催しの案内、関連文献の案内、グループ研究会の催しのお知らせをメールで欲しいという方へのメールアドレス登録の紙とボックス等を設置いたします。

どうぞお立ち寄りください。

事務局

 

髙橋紀子(福島大学)

吉村麻奈美(津田塾大学)

 

E-mail

noriko-t@ipc.fukushima-u.ac.jp

 

スタッフ

・  野島一彦

 (跡見学園女子大学)

・  下田節夫

 (幡ヶ谷カウンセリングルーム)

・  岡村達也

 (文教大学)

・  髙橋紀子

 (福島大学)

・  吉村麻奈美

 (津田塾大学)

シェアボタン