<個人臨床>と<グループ臨床>について語り合う会

●企画趣旨

 私たちグループ研究会のスタッフは二者関係の<個人臨床>と三者以上関係の<グループ臨床>の両方を実践しています。ただ、この2つの共通点と差異点、この2つの関係をどう考えるか、この2つを実践することの意義等については、私たちの間でも語り合ってきませんでした。

 そこで、このたびの語り合う会では、

 前半では、<個人臨床>と<グループ臨床>についてスタッフ(野島一彦、下田節夫、岡村達也、高橋紀子、吉村麻奈美)がそれぞれの考えを語ります。

 後半では、参加者全員で<個人臨床>と<グループ臨床>についてそれぞれの思いを語り合います。

 

●日時

2016年10月16日(日)、13:00〜17:30(4.5時間)

 

●場所

 跡見学園女子大学文京キャンパス M1303教室

 (東京メトロ・丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩2分) 

 http://www.atomi.ac.jp/univ/about/campus/access.html

 

 

 

事務局

 

髙橋紀子(福島大学)

吉村麻奈美(津田塾大学)

 

E-mail

noriko-t@ipc.fukushima-u.ac.jp

 

スタッフ

・  野島一彦

 (跡見学園女子大学)

・  下田節夫

 (幡ヶ谷カウンセリングルーム)

・  岡村達也

 (文教大学)

・  髙橋紀子

 (福島大学)

・  吉村麻奈美

 (津田塾大学)

シェアボタン